パーマの失敗談

自分は男性です。以前にどんな髪型にするかに関わりなく、とにかくパーマをかけてみたいという理由で美容院へ行きました。しかし美容師さんからは「今の長さではパーマをかけるのは難しいです」といわれてしまい、それから少し髪を伸ばすことに専念し、ふたたび美容室へ行きました。

 

今回は髪の長さがパーマをかけるのに十分な長さに達しており、美容師さんからどんなヘアスタイルにしたいのかという質問を受けました。自分は何も考えておらず、ただパーマをかけてみたいだけでしたので、「ゆるめのパーマでお願いします」とだけ告げました。

 

次にいくつかあるパーマ液の中から希望のものを選んで欲しいといわれ、全くの素人である自分は一番安いパーマ液を選びました。そして太目のロットが髪に巻かれ、パーマ液が頭に振り掛けられました。自分の髪はかなり硬くかかりが悪かったらしく、仕上がりにかなり時間がかかりました。

 

そしていざ仕上がった自分の頭を鏡で見てびっくりです。何のコンセプトもなく、ただパーマをかけただけの頭は、お笑い漫画に出てくるようなおばさんの頭のようでした。かなりショックでしたがいい教訓となり、それ以降はきちんとどんな髪型にするかを決めてからパーマをかけるようにしています。